カシメ外観検査装置

※サービスが新会社「ニューパルサ」へ移行しました。
こちらの商品情報は新会社「ニューパルサ」からご覧ください。 ニューパルサホームページ

本装置はカシメ(端子結合)状態を検査する外観検査ユニットです。

本装置はカシメ(端子結合)状態を検査する外観検査ユニットです。
取り付け装置から供給されるカシメ前の被服有無、カシメ後のカシメ位置、ワイヤーはみ出し等を プリズムを360度回転させて検査します。

カシメ 外観検査装置

特徴 
ワークを360度の位置から検査します。  
コンパクトな設計により、装置取り付けが可能です。

検査内容

  1. Standard Insulation・・・被服カシメ位置
  2. Insulation Barrel・・・・ 被服カシメ状態
  3. Wire Protrude・・・・・・ワイヤー はみ出し 
  4. Bend ・・・・・・・・・・端子曲り 
  5. Bell Mouth ・・・・・・・金属部カシメ位置
  6. Terminal Rolling・・・・・ターミナル曲り

UPH 5000
Detection capability : 100μ×100μ
Dimensional inspection capability : 30μ 3σ

https://youtu.be/y0NAYPXPTZ4
圧着端子画像検査ユニット HPPS 130

◎ご注文・ご相談・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ

■ 外観検査機製造・販売

  • 営業時間 平日 9:00~18:00
  • TEL:0428-30-1610
  • FAX:0428-32-1511
  • E-mail:insp@pulsa.co.jp
    担当:浅原(あさはら)

■ 外観検査機製造・販売